不払い問題に学ぶ生命保険見直し

生命保険の見直しなら、不払いなどのトラブルにあわないためのポイントガイド

生命保険の第3分野・医療保険 ホントに支払われる?

生命保険といえば死亡保障が主流だった昔に比べて、今は第3分野といわれる医療保険などの人気が高まっています。「入院したら一日○万円かかります」などとあおられて入ってしまった医療保険、それだけで安心していませんか?

不払い問題は、生命保険会社のせい?

多数の不払いで問題になったのは、「始期前発病」や「告知義務違反」。生命保険会社側に問題がある場合も多いのですが、契約者も自分が加入している保険に関して、理解が足りない面があるようです。

医療保険に入っているのだから、入院すれば保険金がもらえると思ったら大間違い。検査入院など治療を伴わない場合には給付されないことが多いし、入院の原因が本人の故意や重大な過失だとみなされれば、支払いはありません。

この判断は基本的に生命保険会社側がします。だから自分が加入した保険はどんなときに保険金が支払われるのか、きちんと確認しておくことが必要です。

医療保険の告知義務違反は2年以上たてば大丈夫?

医療保険の約款には、契約が2年間有効に継続すれば、告知義務違反をしていても生命保険会社から契約解除はできないと記されています。過去の病歴を告知しなくても加入から2年たてば解除されないと思っている人もいるでしょう。

しかし、明治安田生命の不払い問題でも話題になったように、告知しなかったことを「詐欺」とみなされれば季刊にかかわりなく契約は無効になり、払い込んだ保険料は戻ってこないのです。

告知義務は単なるアンケートではなく、契約を結ぶ上での義務なのです。甘くみてはいけません。

逆にたとえ告知義務違反があっても、病気やケガとの因果関係がなければ、給付金は支給されます。その点はしっかり確認しましょう。

契約のしおりで医療保険金の給付条件を確認

3大疾病の医療保険に入っていたのに実際に病気になったら保険金が給付されなかった、というのもよく聞く話です。3大疾病保険=3大疾病にかかったらすぐに出る保険ではないのです。

どんなときに保険がでるのかは契約のしおり・約款に書かれています。実際には契約をした後で約款が送られてくることも多いようですが、保険によってこまかい違いがあるので、必ず事前に確認したいものです。

約款は分厚いですが、契約のしおりは要点をまとめてありますので、こちらをよく読み、わかりにくいところは約款で確認するとよいでしょう。

生命保険の不払いを防ぐには、自分で確認するしかない

生命保険業法では、保険商品の比較情報の提供が事実上禁じられていますので、保険会社から他社商品との違いやメリットを聞くことはできません。

本当に自分が求めている保険かどうかは自分自身で調べ、確認するしかありません。入院限度の考え方なども確認しておきましょう。たとえば、入院と入院の間が短いと1入院とみなされ、75日入院したとしても60日分しか支給されないこともあります。期待していると痛い目にあうこともあるのです。

生命保険の見直しはホントに必要?

07年3月、新聞紙上などに「保険料値下げ?」の文字が躍りました。4月以降の新規契約分からの新保険料導入。既に入っているあなたは、継続、見直し、どっちがおトク?

07年4月の保険料改定では、終身保険や定期保険などの死亡保障商品は大半が値下げ、医療保険は値下げのケースも多いが年齢・性別によってばらつき、がん保険やがん特約は値上げも目立つという結果でした。

これから終身保険に加入しようと考えている人にとってはうれしい値下げですが、既に入っている人にとってはどうなのか。また、保険料の改定に関わらず、保険の見直しは必要なのでしょうか?

加入している保険と加入時期によって異なる

終身の死亡保険は、いままで長く入ってきた人は基本的には入り直したら損です。保険料は通常加入年齢によって3〜3%アップしていくため、わざわざ入りなおせば加入時より高くなるのは明らか。

ファイナンシャル・プランナーなどによれば、例えば80年代後半など、予定利率が高いときに入ったものならそのままの方がよいそうです。ここ数年で加入した人は、年齢によっては得なケースもあるので保険料を確認してみるといいでしょう。

医療保険は定期化終身かとか年齢によって違います。例えば50歳男性の保険料が6150円から5890円に下がっても、40歳時に既に終身の医療保険に入っていれば値下げ前でも保険料は4540円。終身保険だと保険料は上がらないので、入り直しは損だということが分かります。

年齢や家族構成で見直したい保険

社会人になったとき、訳もわからず営業職員に勧められるまま保険に入った人も多いことでしょう。独身なのに死亡保障が5000万円とか。特約てんこ盛りで入院したら1日3万円とか。よく考えたら、「その保障、必要かな?」と思うことも少なくないはずです。

年齢や家族構成によって必要な保障は変わってきます。折々に見直して、浮いた保険料は流動性の高い貯蓄商品で運用するなどの対応も必要です。よくいわれますが、保険は高額商品です。内容を吟味しないまま、ダラダラ入り続けると大損することもありますので、まずは死亡保障の金額や、自分の医療保険を老後に向けてどうするかなどをポイントに、見直してみてはいかがでしょうか?

 | HOME | 

メニュー

月別アーカイブ

最近の記事

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約